小布施取材:北斎と牧場

今回の取材は小布施にやって来ました。
まずは北斎館へ!

開催されていたのは「面白すぎる北斎漫画の世界」展。

漫画といっても現在のコミック本ではなく、北斎が弟子のために作った絵の教科書のようなものでした。あまりに面白いので版元が出版してみたら、大ヒットした代物です。驚くことに明治になっても売れ続けるベストセラーとなりました。


北斎といえば波のイメージが強いのですが、意外と面白いタッチの絵を描くのでびっくりしました。

そして、お昼の時間。栗おこわをいただきました!
久々に和食を食べた気がする。味噌汁なんて、特に久しぶり。
美味しかった…。

そして今回の取材のメインである小布施牧場へやって来ました。小布施牧場の責任者であり、代表取締役の木下荒野さんにお話をうかがいました。取材前に「先生から若い方だよ〜」と聞いていましたが、想像よりも若い方でした。

まだ牧場を初めて約3ケ月ながら、親牛が7頭、子牛が5頭もいました。…といっても、取材に行った日は、牛は牛舎にいて、1匹も見られなかったんですけど。

木下さんが目指す小布施牧場のビジョンは、小規模、放牧型で、地元産100%のエサで育った牛のミルクを、ジェラートやチーズに仕上げて付加価値をつける「6次産業型」です。

6次産業とは、簡単に言ってしまうと、育てて、加工して、売るという流れをひとつの会社でやってしまうこと。聞いただけでも大変そう…。

そんな6次産業に力を入れている小布施牧場には、こんなおしゃれな建物が。

そこは牧場の牛乳を使ったジェラート屋さんミルグリーンです。牧場の牛乳を使ったモッツァレラチーズもありました。

牧場で採れた牛乳を加工して売る、これぞ6次産業。

ミルク以外のフレーバーがたくさん。もちろん食べない理由はない!ということで、私はミルク&キウイを頼みました。

キウイのさわやかな甘酸っぱさに種のプチプチとした食感はキウイそのもの。そしてミルクは、濃厚でありながら後味あっさり…美味。自然に囲まれながらジェラートを食べるなんてなんて贅沢なんだ…

この小布施牧場にはゆったりとした時間が流れている気がしました。これは牧場ならではの空気感だと思います。

こんな場所だったら牛だって気持ちよく暮らして、美味しい牛乳を出してくれるんだろうなぁと思います。

 

(取材・文/長野プロデュース科1年 吉田和希  写真/NP)

NP spin off:ジコチュー取材 in 乃木坂

今回、私は長野県を飛び出してある場所に取材にやってきました!
ある場所とは…

乃木坂46でおなじみ、東京の乃木坂です!

私は、自己紹介の記事にも書いてあるとおり、乃木坂46のファンなんですが、今回は私のような乃木坂ファンが集まるラーメン屋さんへ取材に行ってきました。

ラーメンを食べる前に乃木坂駅を出てすぐ近く、乃木神社に立ち寄りました。この乃木神社は、乃木坂周辺の観光スポットのひとつですが、乃木坂メンバーの絵馬が飾られていたり、ファン必見の場所でもあります。

散歩していたらタイミングよくお腹が空いてきたなぁ…。そろそろラーメンを食べに行きますか。


乃木坂駅から徒歩5分ほどの場所にある乃木坂ラーメン「まる彦」さんにやってきました。実は、まる彦さんには、去年の2月ぶり2回目の来店です。さっそく席についてメニューを開くとこんなページが。


乃木坂メンバーの衛藤美彩さんにちなんだ「みさみさセット」と「みさ先輩セット」の文字が!

なぜ、このメニューが生まれたかというと、昔「メトログ」という番組で衛藤さんが「まる彦」さんを紹介したことをきっかけに交流が深まっていったのです。やがてオリジナルセットが生まれ、ファンはもちろん業界の方にも注文される人気セットになりました。

今では四季限定メニューも展開しており、春には「ハルジオ」が登場しますが、これは乃木坂の楽曲『ハルジオンが咲く頃』から名前を取った塩ラーメンです。


夏には「マナツ」。これはメンバーの秋元真夏さんから名前を取った濃厚なカレーラーメンです。〆は白米でリゾット風にするのが美味。

秋には「秋彩」。これは店長さんと衛藤さんが相談して具材を決め、衛藤美彩さんからひと文字もらった彩り野菜のラーメンです。


冬には「越冬らーめん」。これは衛藤さんの名前の読みにちなんだ、冬にピッタリな、お餅入りの身体の芯まであったまるラーメンです。


そんなたくさんのメニューが中から私が注文したのはもちろん…


「まる彦」名物「みさ先輩セット」。 今回は煮卵をサービスしてもらいました! ちなみに、大人にはラーメンと焼酎のセットの「みさみさセット」もあります。

麺が隠れるほどの具材。これで900円。ラーメンって、やっぱりこうじゃなくっちゃ! 海苔が乃木坂のシンボルマークをイメージした三角形なのが特徴です。濃い味噌味に辛めの肉味噌がベストマッチ。この肉味噌を高菜ご飯にのせてもおいしいです!

「まる彦」さんは、特に東京で乃木坂のライブがある時は、長者の列ができるそうです。そして夏のライブの時には列に並ぶお客さんにお茶を配るサービスをされています。店長の岩波さんは「普通のことですよ。冬はどうしようかな〜」とのこと。

そんな無意識のサービスが乃木坂ファンの心をガッチリ掴んで離さないのだと思います。そして、ただ乃木坂をイメージしたメニューを出すだけだったら、こんなに愛されるお店になることはなかったと思います。


さて、ラーメンを食べ終えてお会計を。と、その時、目に入るのは壁一面の乃木坂グッズ。ただしこれは、店長さんが集めたわけではなく、お店に来たお客さんが寄贈して集まっていったものなんです。

今回は夏休みということで長野から飛び出して乃木坂に来たのですが、じつは店長の岩波さんは長野県諏訪のご出身でした。飛び出してきたはずが、長野とつながるミラクル!(笑)

乃木坂ファンに愛されるメニューにサービスが詰まったお店「まる彦」。乃木坂ファンの方はもちろん、そうでない方も、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

(取材・文・写真/長野プロデュース科1年 吉田和希)

美術館取材:無言館 その2(上田市)

今回、長野プロデュース科は上田にお邪魔しました。今回の目的地は無言館。

無言館とは、第二次世界大戦中に、画家を目指していたが亡くなってしまった画学生たちの描いた絵が収蔵、展示されている美術館のことだ。

この写真では、わからないがこの建物自体が十字架の形になっていて順路通りに回る事が慰霊になるとのこと。

一般的な美術館では私語は慎むものですが特にこの無言館では、私語をする雰囲気ではなく静かに食い入るように観ていました。

この無言館に残っている絵は、画学生たちの家族が大切に守ってきたものばかり。そんな家族の思い、志半ばで戦場で亡くなった画学生のやるせない思いが絵から伝わってくるようでした。

(取材・文・写真/長野プロデュース科1年 吉田和希)

田植え体験:不耕起栽培での米作り

今回、長野プロデュース科では不耕起栽培を行なっている後藤光正さんの田んぼにお邪魔して田植え体験をしました!

まず不耕起栽培とは何か。簡単に言えば畑を耕さずに種や苗を植える農法のこと。本来の自然環境では土を耕されることなく植物はスクスク育ちますし、自然のあるべき姿で行う栽培方法と言えるのではないでしょうか。

この田植え風景からもわかるように昨年刈り取った稲の株が残ったまま田植えをします。この耕さないことで残った株は雑草よけ、苗の風よけになり、雑草も含め肥料になるので不耕起栽培では化学肥料はもちろん農薬、除草剤は必要ありません。無農薬ってやっぱり安心感ありますよね。

薬を使用していないので田んぼにはさまざまな生き物がいました!

後藤さんは毎朝、田んぼを見に行っているらしいのですが、毎日見飽きないほどの生き物がいるのも薬を使っていないからこそなんですよね。

そしてお昼の時間に…

大自然に囲まれながら大勢でご飯を囲むなんて最高です!

後藤さんが作ったお米を使ったカレーライスやたくさんの野菜料理が並びます。そしてなんと! トマト嫌いの私の前にプチトマトが…

思い切ってパクッ…美味い!!

田植えをしたあとに外で食べるプチトマトの美味しさを知りました…笑

後藤さん夫婦の愛犬クゥちゃんはお水の代わりに米とぎ汁を飲んでいるので健康で長生き!

広島ご出身の後藤さん夫妻と、神奈川から引っ越してきた私とで、「長野の景色は素晴らしい!星空も綺麗!」という話で盛り上がりました。

このコテージは後藤さんの手作りなんですって! ここで長野の景色や星空を見たり、ホタルが飛ぶ時期にはホタルを見ながらゆったりできるなんてうらやましい。

広島から長野に移住してお米や野菜を作りながら仲睦まじく暮らしている後藤さん夫婦の自然に囲まれた穏やかな生活はとても魅力的で、うらやましい生き方だと思いました。

(取材・文/NP1 吉田和希  写真/NP)

温泉取材 その1:コトリの湯(松代町)

長野プロデュース科として初めての取材は「コトリの湯」へやって来ました!

まず最初に出迎えてくれたのは色鮮やかな花々が素敵な玄関。

玄関を抜け最初に目に入って来たのは、天井にまで届く圧巻の本棚。

小鳥の声が聞こえる魅力的なガーデン。

取材に行ったのが4月23日だったのですが、春の日差しが心地良く、取材でなければゆっくりしていきたかった。

館内を回らしてもらったんですけど、どこにいても木の匂いが香る館内はリラックスした気分になってしまいます。

遊び心満点のキッズルームの入り口!
思わず私も入りたくなっちゃいました。

少年漫画から少女漫画まで幅広いたくさんの漫画がそろい、ハンモックや「巣箱」と呼ばれるリラックス空間で一日中ゆったり過ごせます。温泉施設の定番卓球もできちゃいます。

本当にプライベートで来ていれば…。

ガーデンやベランダにある「鳥かご」で写真を撮れば、インスタ映えも夢じゃないかも? まぁインスタやってないですけど。

日本庭園をイメージした露天風呂は、とっても風流でした。

コトリの湯のホームページはこちらです。

(文/長野プロデュース科1年 吉田和希 写真/NP)

自己紹介 その1:吉田和希

岡学園トータルデザインアカデミー
長野プロデュース科 1年 吉田和希です。

1999年12月28日生まれの18歳。出身は神奈川県川崎市。
3人家族の一人っ子で、ただ今一人暮らし中。

大町岳陽高校を卒業し、在学中は山岳部に所属していました(幽霊部員)。

好きなもの、好きなことは、乃木坂46、仮面ライダー、クレーンゲーム、レジン工作などなど…。

特技は…、なし。
長所は、慎重なところ?
短所はのんびり、マイペースなところです。

好きな食べ物は、麻婆豆腐、あとは甘いものも好きです。

長野プロデュース科を志望したのは、神奈川から来て、長野の魅力をたくさん知り、もっと多くの人に長野の魅力を伝えられればと思ったからです。

長野プロデュース科では、人との対話能力、表現力を身につけていきたい。そしてイラストなどの能力を向上させていきたいです。

将来は、長野県内で、長野らしさを感じられるようなデザインを作っていきたいです。