ジコチュー取材 in 乃木坂

今回、私は長野県を飛び出してある場所に取材にやってきました!
ある場所とは…

乃木坂46でおなじみ、東京の乃木坂です!

私は、自己紹介の記事にも書いてあるとおり、乃木坂46のファンなんですが、今回は私のような乃木坂ファンが集まるラーメン屋さんへ取材に行ってきました。

ラーメンを食べる前に乃木坂駅を出てすぐ近く、乃木神社に立ち寄りました。この乃木神社は、乃木坂周辺の観光スポットのひとつですが、乃木坂メンバーの絵馬が飾られていたり、ファン必見の場所でもあります。

散歩していたらタイミングよくお腹が空いてきたなぁ…。そろそろラーメンを食べに行きますか。


乃木坂駅から徒歩5分ほどの場所にある乃木坂ラーメン「まる彦」さんにやってきました。実は、まる彦さんには、去年の2月ぶり2回目の来店です。さっそく席についてメニューを開くとこんなページが。


乃木坂メンバーの衛藤美彩さんにちなんだ「みさみさセット」と「みさ先輩セット」の文字が!

なぜ、このメニューが生まれたかというと、昔「メトログ」という番組で衛藤さんがまる彦さんを紹介したことをきっかけに交流が深まっていったのです。やがてオリジナルセットが生まれ、ファンはもちろん業界の方にも注文される人気セットになりました。

今では四季限定メニューも展開しており、春には「ハルジオ」が登場しますが、これは乃木坂の楽曲『ハルジオンが咲く頃』から名前を取った塩ラーメンです。


夏には「マナツ」。これはメンバーの秋元真夏さんから名前を取った濃厚なカレーラーメンです。〆は白米でリゾット風にするのが美味。

秋には「秋彩」。これは店長さんと衛藤さんが相談して具材を決め、衛藤美「彩」さんからひと文字もらった彩り野菜のラーメンです。


冬には「越冬らーめん」。これは衛藤さんから名前をとった、冬にピッタリな、お餅入りの身体の芯まであったまるラーメンです。


そんなたくさんのメニューが中から私が注文したのはもちろん…


まる彦名物みさ先輩セット。 今回は煮卵をサービスしてもらいました! ちなみに、大人の方にはラーメンと焼酎のセットのみさみさセットもあります。

麺が隠れるほどの具材。これで900円! ラーメンってやっぱりこうじゃなくっちゃ! 海苔が乃木坂のシンボルマークをイメージした三角形なのが特徴です。濃い味噌味に辛めの肉味噌がベストマッチ! この肉味噌を高菜ご飯にのせてもグッド!

まる彦さんは、特に東京で乃木坂のライブがある時は、長者の列ができるそうです。そして夏のライブの時には列に並ぶお客さんにお茶を配るサービスをされています。店長の岩波さんは「普通のことですよ。冬はどうしようかな〜」とのこと。

そんな無意識のサービスが乃木坂ファンの心をガッチリ掴んで離さないんだと思います。そして、ただ乃木坂をイメージしたメニューを出すだけだったら、こんなに愛されるお店になることはなかったと思います。


さて、ラーメンを食べ終えてお会計を。と、その時目に入るのは、壁一面の乃木坂グッズ! ただしこれは、店長さんが集めたというわけではなく、お店に来たお客さんが寄贈して集まっていったものなんです。

今回は夏休みということで長野から飛び出して乃木坂に来たのですが、実は店長の岩波さんは長野県の諏訪ご出身でした。飛び出してきたはずが、長野とつながるミラクル!笑

乃木坂ファンに愛されるメニューにサービスが詰まったお店「まる彦」。乃木坂ファンの方はもちろん、そうでない方も、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

(取材・文・写真/吉田和希)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です