上田取材その5
上田ではじめた本屋と図書館

◇ NABO と Library Lab

バリューブックスの実店舗として、かつて紙屋だった築80〜90年の建物にできたのがブックカフェ「NABO」だ。
以前ここを店舗としていた、北欧家具を扱うharutaの上田店として記憶している人も多いかもしれない。

「NABO(ネイボ)」とは、デンマーク語で「隣人」のこと。
バリューブックスが拠点とする上田の街に貢献し、人々の隣に寄り添う本屋になりたい。そんな思いから名づけられたという。

地元の人たちにたくさん足を運んでもらうため、毎日イベントを開催し、3カ月に1度リニューアルして、本のセレクションやコーナー、店内のしつらいなどに変化をもたせている。

そして、NABOの2軒となりにある「Library Lab(ライブラリーラボ)」。誰でも無料で借りることができる街の図書館だ。
本と人のつながりのあり方を提案し、未来のあり方を模索する、実験の場でもある。

企業の顔ともいえる、こうした魅力的な場を設けたことにより、魅力的な人が集まり、それがさらに企業の魅力を増す好循環が生まれている。

(取材・文/NP  写真/長野プロデュース科1年 丸山亜緒衣)

 

 

◇NABO店長の池上幸恵さん

さて、店頭やチラシで見かけたロゴが気になり、手がけた人は一体誰なのか鳥居さんにたずねたところ、NABO店長の池上幸恵さんだということが判明。急遽お話をうかがうことにした。

この日は、なんと池上さんが店頭に立つ最後の日だった。
店の運営だけでなく「Loppis Ueda(ロッピス上田)」という街をあげてのイベントで主催者のひとりとして関わってきた池上さん。
30歳となる節目を迎え、ワーキングホリデーの制度を活用できる最後の年だということ、そのワーキングホリデーでポルトガルで行けることを知り、ひとまず旅に出ることにしたという。

こちらが、池上さんが手がけたロゴ。鳥居さんいわく「池上フォント」と言うらしい。
池上さんは、もともと絵を描くことが好きだったので、今まで務めていた職場でもチラシや看板描きを任されていたが、それを見たまわりの人が、池上さんの長所として認めてくれたおかげで、なんとなく上手になっていったのだという。

それにしても池上さんのセンスは素晴らしい。Library Labの黒板も、池上さんが描いたものだ。

せっかくなので池上さんに「デザインやファッションを志す10代へひと言」をうかがうと、池上さんは自分が10代だった頃の話をしてくれた。

「私は、ニュースや人から聞いたことを鵜呑みにするのではなく、実際にその場に行って、自分で見たり感じたことを話せる大人になりたいと思っていました」

SNSやテレビからの「どんな町なのか、どんな人なのか、どんなお店なのか」という情報だけではなく、実際に行って、人に会い、自分で見て感じたことを表現していく。
長野プロデュース科で学ぶ私の原点として、決して忘れてはならないことを教えていただいた。

池上さんとはもしかしたらもう会えないのかしれないけれど(私はまた会いたい…)、あまりにも濃すぎる時間だった。

そして、池上さんの淹れてくださったカフェラテは、素晴らしくおいしかった。

 

(取材・文・写真/長野プロデュース科1年 丸山亜緒衣)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です