松本取材その3 六九商店街散策

六九町にやってきた!

「minä perhonen」
オリジナルの図案によるファブリックを作るところから服作りを進めるお店。「minä」は「私」「 perhonen」は「ちょうちょ」を意味する言葉。蝶の美しい羽のような図案を軽やかに作っていきたいという願いを込めている。どのお洋服も可愛かったので、ぜひ自分へのご褒美に買いに行こう!

「ことの葉」
松本・今町で、古い店舗内に湧き出る水をつかいながらお花を販売している花屋さん。内装が木材で落ち着く雰囲気。お花の並べ方がお洒落で、とてもいい香りだった!

「山屋御飴所」
松本には340年も続く「米飴」だけを専門にした老舗。松本には昔から飴屋が多かったものの、現在は数件しか残ってないそう。昔ながらの建物がとてもかっこいいなと思った。どんな飴が売っているんだろう。

「LABORATORIO(ラボラトリオ)」
外装がとにかくお洒落でかっこいい!
窓をよくよく見ると、造りがとってもお洒落。
中に入るとカフェとさまざまな手作りの小物が売られている。
ここのマフィンを今度食べに行きたい!

「monbus(モンバス)」
店主の山田さんは、毎年イギリスへ行ってアクセサリーなどのアンティークなどを買いつけている。
「若いうちはお金をどんどん投資していいよ。お金はあとからついてくるから。そしてたくさんのものを見た方がいいよ」
私も海外に行ってみたいのだが、英語があまり話せないので心配だと言ったら「英語は話せなくても気持ちがあれば大丈夫!」とアドバイスをくださった。
立ち話から始まり、山田さんから多くの助言をいただきました。おまけにとても素敵な店内と商品で、monbusというお店がとても好きになりました。
また必ず行こう!

(取材・文・写真/長野プロデュース科1年 丸山亜緒衣)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です