紙にまつわる取材。その1

長野県の紙といえば、経済産業大臣が指定する伝統的工芸品である「内山紙」が有名ですが、ほかにも紙の産地は県内各地にあって、長和町の立岩、飯田市の久堅、大町市の松崎、南木曽町の田立では、今も紙漉きが行われています。

そもそも紙漉きは、身近に自生するコウゾを用いて暮らしに必要不可欠なものを作る、農閑期の大事な手仕事だったのです。

箱そのものは、松本市の専門業者が手がける。家族で営む小さなところがほとんど
ケーキ店や眼鏡店など松本市の店舗のパッケージを多く手がける

松本市笹賀にある「大徳紙商事株式会社」は、安政2年から和紙や和帳簿を扱う老舗です。安政2年といえば、黒船が来航した翌々年の1855年、今から160年以上も前になります。

世間の需要の移り変わりに合わせて、昭和初期から洋紙も取り扱うようになり、現在では印刷用紙の取り扱いがほとんど。また、卸売だけでなく、紙加工品の企画デザインや販売も行っています。

本社1階にある「Kami Labo.」では、紙サンプルや、箱や袋など、紙を用いたパッケージが多数展示されており、オリジナル商品や紙の端切れの詰め合わせが量り売りで販売されています。

紙好きの血がさわぎ、静かに紙を物色する廣石さん
Kami Labo.が発行するフリーペーパーの表紙ために制作された紙製のパン
細かな花のひとつひとつもすべて紙で作られている

(取材・文・写真/NP)

 

紙にまつわる取材。その2

紙もの作家のAkane BonBonこと梅川茜さんのご自宅 兼 工房をお訪ねしました。あかねさんはカルトナージュという技法をもとにした紙箱を作り、箱に貼る和紙の彩色や型染めも手がけます。

紙製なのでとても軽い。そしてとても丈夫

カルトナージュとは、厚紙を素材にした紙加工品のことですが、日本では紙箱のイメージが浸透しています。

完成した紙箱は精緻ながらも、ほんの少しいびつで、そこがたまらぬ味わいとなっています。

あかねさんは中学生の頃すでに「フランスへ行って箱を作りたい」と心に決めていました。そして高校を卒業すると迷わず留学し、南フランスでカルトナージュの技を学びます。

帰国後、2003年から故郷の松本市で活動を開始。しかし、すぐには食べていけるわけもなく、ひとまずお給料をもらえる仕事をさがすことに。

「せっかくなら紙に関わる仕事がしたいと思って、松本で紙といえば大徳紙商事さんだろうと。履歴書を送っても相手にされないと思い、作文も携えて持参しました。結局のところ『社員採用の募集を出しているから、普通に応募してごらん』と言われましたけど」

あかねさんは笑って当時を振り返ります。しかしその熱意は、採用への決め手となったはずです。

しばらくは作家と勤め人の二足のわらじを履きますが、やがて作家活動に割く時間が少なくなり、フリーのデザイナーも兼業して独立します。

「作家としては自分の作りたいものを作りますが、デザイナーはクライアントありき。お客さまの要望に応えるのが仕事です」
作家活動とデザイナー業はきっちり分けているのだと、あかねさんは言います。

「手の届く範囲で、暮らしに必要なものを作っています。木工作家の父を見て、そういうことが仕事だと、小さい頃から思い込んできましたから」
手作りあふれるあかねさんのご自宅 兼 工房は、作品同様あたたかな温もりを宿していました。

依頼された結婚式の案内状のため、手描き文字を練習中
手作りならではのいびつさと、本体とフタがピタリと合う精緻さが同居している
1年生の吉田くんと廣石さんと、茜さんをはさんで記念撮影

(取材・文・写真/NP)

はじめての岡フェス

7月29日、当校初めての文化祭「岡フェス」が開催されました。

私たち長野プロデュース科はフードコート担当で、おもに、かき氷の企画と販売を行いました。今回、使用するかき氷機は株式会社エヌワイビーにお借りしました。

真ん中にいらっしゃるのが株式会社エヌワイビーの山崎社長です。

山崎さんの会社は、ジェラートマシンなどを扱うイタリアの企業の日本での正規代理店を務めています。なぜ、長野市の会社がイタリアとの窓口になっているのか。きっかけは会長と、ジェラートマシンの代理店をさがしていたイタリアの会社の社長との出会いですが、「すべては人間関係、そして信頼関係です」と山崎さんは言います。

さて、かき氷機は屋台でよく見るようなタイプではなく、

・液体を機械に入れるとそのまま氷になる

・きめ細かいかき氷ができる

のが特徴です。

液体からそのままかき氷が作れるというのがミソで、今回は氷そのものの味から考えたフレーバーを自分たちで考案し、数量限定メニューにすることにしました(なくなり次第、普通のかき氷を出します)。

試作の段階で何度かつまずき、ギリギリまでメニューが決まらずハラハラしましたが、最後の試作会で全員納得のいくかき氷を誕生させることができました。何回もの試作を経て見事メニュー化されたのが「甘酒味」と「珈琲味」!

ジャム・練乳・グラノーラなど豊富な種類のトッピングも用意することになり、当初の予定より豪華なかき氷になりました。

ここでNP各3人のおすすめフレーバーをご紹介します。

・2NP丸山 素かき氷(ただのかき氷)にグラノーラ、りんごジャム、りんごはちみつのせ

・1NP廣石 珈琲味に練乳がけ

・1NP吉田 素かき氷にあんずジャムとりんごジャムのせ

じつは販売されるはずだったが無念にもお蔵入りしてしまったメニューが1つ。「林檎味」。なぜお蔵入りしてしまったかは、あえて書きませんが、おいしかったなぁ。来年もし、またかき氷を出すなら、ぜひリベンジしてほしいです。

さて当日。

3人でおそろいのエプロンを身につけて並んでみると、まるでオシャレなカフェの店員。形からの入りは完璧です。正直なわれわれ3人の気持ちとしては「まぁ、ゆうてもそんな来ないだろ、ほのぼのやってこ!」くらい、軽~い感じだったのですが、この考えはとてつもなく甘く、ほのぼのどころではなかったのです。

開店してからお客さんが少しずつ来たかと思えば途切れることなく、むしろお客さんは増え続け、気づけば長蛇の列が!
かき氷だけでなく、同じ部屋で販売していたランチボックスのコーナーも長蛇の列だったため、フードコートはお客さんでパンパンになっていたのです。

いいことですね~。

結果、かき氷は完売御礼! 多くのお客さんに食べていただくことができました。ありがとうございました!

また、企画・フードコートの装飾などのデザイン分野だけでなく当日の接客も行ったということで、とても濃い経験をすることができました。初回にしては、いいスタートが切れたのでは!

なにより、とても楽しかった!

下は、試作時の写真です。甘酒味と珈琲味は食べ尽し、もはや普通のかき氷をみんなで食べるの図になっていますが……


(写真・文/長野プロデュース科2年 丸山亜緒衣)

小布施取材:北斎と牧場

今回の取材は小布施にやって来ました。
まずは北斎館へ!

開催されていたのは「面白すぎる北斎漫画の世界」展。

漫画といっても現在のコミック本ではなく、北斎が弟子のために作った絵の教科書のようなものでした。あまりに面白いので版元が出版してみたら、大ヒットした代物です。驚くことに明治になっても売れ続けるベストセラーとなりました。


北斎といえば波のイメージが強いのですが、意外と面白いタッチの絵を描くのでびっくりしました。

そして、お昼の時間。栗おこわをいただきました!
久々に和食を食べた気がする。味噌汁なんて、特に久しぶり。
美味しかった…。

そして今回の取材のメインである小布施牧場へやって来ました。小布施牧場の責任者であり、代表取締役の木下荒野さんにお話をうかがいました。取材前に「先生から若い方だよ〜」と聞いていましたが、想像よりも若い方でした。

まだ牧場を初めて約3ケ月ながら、親牛が7頭、子牛が5頭もいました。…といっても、取材に行った日は、牛は牛舎にいて、1匹も見られなかったんですけど。

木下さんが目指す小布施牧場のビジョンは、小規模、放牧型で、地元産100%のエサで育った牛のミルクを、ジェラートやチーズに仕上げて付加価値をつける「6次産業型」です。

6次産業とは、簡単に言ってしまうと、育てて、加工して、売るという流れをひとつの会社でやってしまうこと。聞いただけでも大変そう…。

そんな6次産業に力を入れている小布施牧場には、こんなおしゃれな建物が。

そこは牧場の牛乳を使ったジェラート屋さんミルグリーンです。牧場の牛乳を使ったモッツァレラチーズもありました。

牧場で採れた牛乳を加工して売る、これぞ6次産業。

ミルク以外のフレーバーがたくさん。もちろん食べない理由はない!ということで、私はミルク&キウイを頼みました。

キウイのさわやかな甘酸っぱさに種のプチプチとした食感はキウイそのもの。そしてミルクは、濃厚でありながら後味あっさり…美味。自然に囲まれながらジェラートを食べるなんてなんて贅沢なんだ…

この小布施牧場にはゆったりとした時間が流れている気がしました。これは牧場ならではの空気感だと思います。

こんな場所だったら牛だって気持ちよく暮らして、美味しい牛乳を出してくれるんだろうなぁと思います。

 

(取材・文/長野プロデュース科1年 吉田和希  写真/NP)

NP spin off:はじめてのタイ料理を食べる

今日のランチは、パン屋にするか定食屋にするかタイ料理にするか…。

選択肢が3つと多いなか、ほぼ先生の独断で選ばれたのはタイ料理屋さん。NP史上初となるエスニック料理に挑戦だ。しかもタイ人の方が営む、かなり本格派の店だ。

日本語が片言すぎてわらりづらいメニューを、写真とイラストを頼りになんとか解読し、全員別々の料理を頼むことに。みんなからひと口ずつもらおうかなとワクワクしていたのも束の間。タイ料理特有のあの香り、そう、ナンプラーの香りが漂ってきた。今、思えば、嫌な予感はこの時すでに的中していた。

かずき君のカオマンガイ、先生のレッドカレー、みおりちゃんのガパオライス、次々と料理が運ばれ「わ~、美味しそ~!」なんて言いながら最後の私の料理を待っていた。そして、ついにやってきた私の初タイ料理、パッタイ!

1番最初に思ったことは「量が多すぎやしないか…?」だ。これは冗談ではなく、かなり本気のレベルだ。

初タイ料理ということで、どんな料理かメニューをきちんと読み込んだうえで頼んだつもりだ。例の片言の日本語から得た情報によると「タイ風焼そば」と書かれていたので「まあ、日本でいう焼そばみたいなものだろう」と思い、私は麺を勢いよく吸う気満々でいたのだ。しかし、運ばれてきた瞬間にわかったのは「この麺は吸えない」ということだ。

幅広の米麺はグニャグニャで、それをさらに卵でとじてある。もう麺というか、麺の塊と言った方が正しいのかもしれない。それでも私は「まだ麺が吸える」と信じていた。いや「信じたかった」という方が本音だろう。

さまざまな葛藤を抱きつつ、なんとか麺を、いや麺の塊を口に運ぼうと箸をあげると、ベタベタした麺の表面にナッツがこびりついている。「無理だ」と悟った。

今までに食に対して1度も感じたことのない感情だった。私は出されれば、まずかろうがとりあえす食べる主義なのだが「私にはこれを飲み込めない、いや、もっと言うなら噛めない」。そう強く思った。

しかし他の3人は食べた感想を言っている。みんなが私の感想を待っている。ここで「口に入れたくありません」なんて言った日には、変な空気になるのは間違いない。なんとかひと口を食べてひねり出した感想は「エビ感がすごくて、具だくさんって感じかな!」

言ってることは間違ってはいない、事実だ。私はパッタイが食べられないと言うことを見事に隠せていたらしく(多分)、変な空気にはならずにすんだ。

が、問題はこの量だ。量がもっと少なければ、もしかしたら、このままなんとかなったかもしれない。しかし、この凄まじい量となると、それだけで食欲がなくなってしまう。食べるのが好きな私の箸のスピードがいつもより遅いことに気づいた先生がひと言「あおいちゃん大丈夫?」

あぁ、ついにバレたか。「そうなんですよ~!」と言おうとした瞬間、「そのパッタイ、量多いもんね」と先生。「ちがうんですよ! 私が手こずっている理由は量ではなく、パッタイそのものなんですよ!」なんて言えるわけもなく、「そうなんですよ~…」と、またチマチマ食べ始めたら、とうとう、みおりちゃんにまで心配されてしまった。

我慢の限界だった。「実は、言っちゃうとね、もうひと口目から私、パッタイが無理だったみたい」。私の突然のカミングアウトは、変な空気になることもなく笑いに変わった。NPはみんないい人だな~としみじみ思いながら、みおりちゃんにガパオライスを恵んでもらい、私の初タイ料理は幕を閉じた。


みおりちゃんのガパオライス。 かずき君のカオマンガイ。
そして私のパッタイ。

(写真・文/長野プロデュース科2年 丸山亜緒衣)

NP spin off:ジコチュー取材 in 乃木坂

今回、私は長野県を飛び出してある場所に取材にやってきました!
ある場所とは…

乃木坂46でおなじみ、東京の乃木坂です!

私は、自己紹介の記事にも書いてあるとおり、乃木坂46のファンなんですが、今回は私のような乃木坂ファンが集まるラーメン屋さんへ取材に行ってきました。

ラーメンを食べる前に乃木坂駅を出てすぐ近く、乃木神社に立ち寄りました。この乃木神社は、乃木坂周辺の観光スポットのひとつですが、乃木坂メンバーの絵馬が飾られていたり、ファン必見の場所でもあります。

散歩していたらタイミングよくお腹が空いてきたなぁ…。そろそろラーメンを食べに行きますか。


乃木坂駅から徒歩5分ほどの場所にある乃木坂ラーメン「まる彦」さんにやってきました。実は、まる彦さんには、去年の2月ぶり2回目の来店です。さっそく席についてメニューを開くとこんなページが。


乃木坂メンバーの衛藤美彩さんにちなんだ「みさみさセット」と「みさ先輩セット」の文字が!

なぜ、このメニューが生まれたかというと、昔「メトログ」という番組で衛藤さんが「まる彦」さんを紹介したことをきっかけに交流が深まっていったのです。やがてオリジナルセットが生まれ、ファンはもちろん業界の方にも注文される人気セットになりました。

今では四季限定メニューも展開しており、春には「ハルジオ」が登場しますが、これは乃木坂の楽曲『ハルジオンが咲く頃』から名前を取った塩ラーメンです。


夏には「マナツ」。これはメンバーの秋元真夏さんから名前を取った濃厚なカレーラーメンです。〆は白米でリゾット風にするのが美味。

秋には「秋彩」。これは店長さんと衛藤さんが相談して具材を決め、衛藤美彩さんからひと文字もらった彩り野菜のラーメンです。


冬には「越冬らーめん」。これは衛藤さんの名前の読みにちなんだ、冬にピッタリな、お餅入りの身体の芯まであったまるラーメンです。


そんなたくさんのメニューが中から私が注文したのはもちろん…


「まる彦」名物「みさ先輩セット」。 今回は煮卵をサービスしてもらいました! ちなみに、大人にはラーメンと焼酎のセットの「みさみさセット」もあります。

麺が隠れるほどの具材。これで900円。ラーメンって、やっぱりこうじゃなくっちゃ! 海苔が乃木坂のシンボルマークをイメージした三角形なのが特徴です。濃い味噌味に辛めの肉味噌がベストマッチ。この肉味噌を高菜ご飯にのせてもおいしいです!

「まる彦」さんは、特に東京で乃木坂のライブがある時は、長者の列ができるそうです。そして夏のライブの時には列に並ぶお客さんにお茶を配るサービスをされています。店長の岩波さんは「普通のことですよ。冬はどうしようかな〜」とのこと。

そんな無意識のサービスが乃木坂ファンの心をガッチリ掴んで離さないのだと思います。そして、ただ乃木坂をイメージしたメニューを出すだけだったら、こんなに愛されるお店になることはなかったと思います。


さて、ラーメンを食べ終えてお会計を。と、その時、目に入るのは壁一面の乃木坂グッズ。ただしこれは、店長さんが集めたわけではなく、お店に来たお客さんが寄贈して集まっていったものなんです。

今回は夏休みということで長野から飛び出して乃木坂に来たのですが、じつは店長の岩波さんは長野県諏訪のご出身でした。飛び出してきたはずが、長野とつながるミラクル!(笑)

乃木坂ファンに愛されるメニューにサービスが詰まったお店「まる彦」。乃木坂ファンの方はもちろん、そうでない方も、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

(取材・文・写真/長野プロデュース科1年 吉田和希)

美術館取材:無言館 その1(上田市)

上田市にある「無言館」という美術館を訪れました。

この「無言館」という美術館は、戦争で命を落してしまった画学生の作品を展示しています。建物を上から見ると十字架の形に造られていて、順路通りに作品を見ていくことで慰霊の意味を持つそうです。

風景画、人物画、自画像、絵葉書、実際に使用されていた画材など、当時の様子を垣間見ることができるものが多数展示されていました。

中でも、家族や恋人を描いた作品や、キャプションにあった

「この絵の具を使いきるまでは戦地に行けない」

という言葉からは、大切な人たちと離れて戦争に向かわなければならない苦悩や、大切な人を戦地に送り出さなければならないどうしようもない切なさが痛烈に伝わってきます。


出典:無言館 公式サイト

一つ一つの作品から伝わる戦争の悲惨さ、その時代を生きた人々の悲しい記憶、最後まで生きる希望を失わなかった当時の人々の強さは、私に強い衝撃を与えました。

自分と年齢の近い「画学生」という視点から見た戦争をほんの一部でも知れたことで、二度とこの無情な戦いを起こしてはならないと思うのと同時に、いま、こうして平和に暮らしていることがどんなに幸せなことか、改めて考えさせられました。

「無言館」は、名前の通り、言葉を話さずともこの作品を見るすべての人に、何かしらの大きなメッセージを残してくれる、そんな施設だと思います。

 

(取材・文/長野プロデュース科1年 廣石澪里 外観写真/2年 丸山亜緒衣)

 

 

美術館取材:無言館 その2(上田市)

今回、長野プロデュース科は上田にお邪魔しました。今回の目的地は無言館。

無言館とは、第二次世界大戦中に、画家を目指していたが亡くなってしまった画学生たちの描いた絵が収蔵、展示されている美術館のことだ。

この写真では、わからないがこの建物自体が十字架の形になっていて順路通りに回る事が慰霊になるとのこと。

一般的な美術館では私語は慎むものですが特にこの無言館では、私語をする雰囲気ではなく静かに食い入るように観ていました。

この無言館に残っている絵は、画学生たちの家族が大切に守ってきたものばかり。そんな家族の思い、志半ばで戦場で亡くなった画学生のやるせない思いが絵から伝わってくるようでした。

(取材・文・写真/長野プロデュース科1年 吉田和希)

田植え体験:不耕起栽培での米作り

今回、長野プロデュース科では不耕起栽培を行なっている後藤光正さんの田んぼにお邪魔して田植え体験をしました!

まず不耕起栽培とは何か。簡単に言えば畑を耕さずに種や苗を植える農法のこと。本来の自然環境では土を耕されることなく植物はスクスク育ちますし、自然のあるべき姿で行う栽培方法と言えるのではないでしょうか。

この田植え風景からもわかるように昨年刈り取った稲の株が残ったまま田植えをします。この耕さないことで残った株は雑草よけ、苗の風よけになり、雑草も含め肥料になるので不耕起栽培では化学肥料はもちろん農薬、除草剤は必要ありません。無農薬ってやっぱり安心感ありますよね。

薬を使用していないので田んぼにはさまざまな生き物がいました!

後藤さんは毎朝、田んぼを見に行っているらしいのですが、毎日見飽きないほどの生き物がいるのも薬を使っていないからこそなんですよね。

そしてお昼の時間に…

大自然に囲まれながら大勢でご飯を囲むなんて最高です!

後藤さんが作ったお米を使ったカレーライスやたくさんの野菜料理が並びます。そしてなんと! トマト嫌いの私の前にプチトマトが…

思い切ってパクッ…美味い!!

田植えをしたあとに外で食べるプチトマトの美味しさを知りました…笑

後藤さん夫婦の愛犬クゥちゃんはお水の代わりに米とぎ汁を飲んでいるので健康で長生き!

広島ご出身の後藤さん夫妻と、神奈川から引っ越してきた私とで、「長野の景色は素晴らしい!星空も綺麗!」という話で盛り上がりました。

このコテージは後藤さんの手作りなんですって! ここで長野の景色や星空を見たり、ホタルが飛ぶ時期にはホタルを見ながらゆったりできるなんてうらやましい。

広島から長野に移住してお米や野菜を作りながら仲睦まじく暮らしている後藤さん夫婦の自然に囲まれた穏やかな生活はとても魅力的で、うらやましい生き方だと思いました。

(取材・文/NP1 吉田和希  写真/NP)

工芸取材:工芸の五月(松本市)


今年も松本市にやってきたよ。
工芸の五月が絶賛開催中ということで、
中町通りを中心に散策。
ちなみにこちらは中町通りのパーキングエリアの写真。
よくよく見るとドットになっているのだ。
意図的にドットにしたのかどうかはわからないが、
なんだかとっても魅力的。
 「ようさん工房」
月曜日は定休日のところ奇跡的に店内を
見せてもらえることに。
印象的だったのは虫や動物の置物。
少しひと工夫が加わり普通とはちょっと違った形
なのが味があって素敵なのだ。
定休日だからと断念していたので、
お店や商品を見られて私はとても幸せでした。
「GRAIN NOTE」
地元の作家さんの作品を中心に置いている
ギャラリー・ショップ。
小物・器・木製商品など、商品1つ1つから作家さんの個性
を感じられる物ばかり。
ここではコーヒーマグを購入しようと考えたが、
手持ちが足りずに断念。

「coto.coto」
店内は大人びているけどどこか
あたたかみのある雰囲気。
全体的に白ベースの壁や机なので、商品の色味が
とても綺麗に感じられた。
個人的にお気に入りなのはお店の看板。
「coto.coto」という文字がシンプルに書かれている用に
見せかけて実は飛び出していたり、そもそもの看板の
サイズ感がかわいかったりと、
少しの工夫にお店らしさを感じる。
「coto.coto」の名前の由来はなんだろうな。

「ちきりや工芸店」
民芸品と言えばここでしょ!
と言いたくなるほど様々な作家さんの作品で
四方八方が埋め尽くされている。
実はここでも素敵なマグカップに出会うが、
手持ちが足りなかったのは言うまでもない。

「陶片木」
小さい物から大きい物まで、よく見れば見るほど
惹き込まれる食器ばかり。
2階にはかわいい猫もいるという癒し効果もあるお店。  楽しい楽しいお昼の時間。
昨年もご紹介した「クワトロガッツ」。
相変わらず美味しく居心地がよく、
あとは地ビールが飲めればな〜なんて思ったり。
二十歳になったら飲みに行こう。松本を歩いてると…
なんと!ニジマスが!
ニジマスの発見には一同驚愕。
実は、松本市街には湧き水が流れている。
綺麗な水が流れているからこそ見られた姿なのだろう。 「栞日」
本の陳列やインテリアのセレクトなど、
1つ1つのこだわりから生まれる「栞日」の空間は
とても心地良い。
そんな空間でお茶をして今回の授業は終了。
時間を忘れるというのは、こういうことなのだろう。

(文・NP丸山亜緒衣/写真・廣石澪里)